🛫大学生の世界放浪記🛬

2024年4月から世界一周を計画してる大学生です。21歳の視点から見た世界の景色を皆さんと共有出来たらなと思います!!

ハリウッドの魅力に大興奮! in ユニバーサルスタジオハリウッド

だい吉です!

 

今日は、ユニバーサルスタジオハリウッドに行ったときに体験したスタジオツアーについて書きたいと思います。

まず、スタジオツアーとは、ガイド付きのバスで、ハリウッドのセットとなった場所を見学するツアー。

 

ただ、ツアーと言っても単に見学するだけではなく、大迫力の炎や水しぶきがあったりと、アトラクション感覚で楽しめるのがスタジオツアーの魅力です。

 

 

1回の所要時間は、約1時間。すごく人気のあるアトラクションであるため、朝入場してすぐに来るとスムーズにバスに乗ることが出来ます。

 

また、ガイドは英語のため、英語を理解しているとより楽しめると思います。ただ、自分はあまり英語は出来ませんがものすごく楽しめたので、英語が出来なくても体験する価値のあるアトラクションです。

 

 

それでは、ツアースタート!

ハリウッドのセットに気を取られて忘れられがちなのですが、ハリウッドを一望できる景色が絶景なんです!

数多くのセットをのんびりと走っていくと、まず体験するのが、King Kong 360。

ここでは、大迫力の恐竜同士の戦いを見ることが出来ます。トンネル全体がスクリーンとなっており、それに加えて実際にバス自体も揺れることでまるで映像の中にいるような感覚になり、迫力満点です!

 

 

道中には、有名映画で実際に使われた車が多数。車には詳しくないのであまりわかりませんが、おしゃれな車やスポーツカーが並んでいてものすごくかっこよかった。

続いては、アメリカの地下鉄で大地震が起きてしまったシーンで使われたセット。トラックが落ちてきたり、バスが衝突したりと、とてもリアルに作られています。反対側からは大迫力の水も!

落ちてくるトラック

衝突するバス

 

水が!

水が!!

水が~!!!!


つづいては、ジャンボ飛行機が墜落し時に使われたシーン。

こちらも迫力満点。リアルに再現するため、セットには、昔実際に空を飛んでいたガチな飛行機を採用。

ちなみに、ここで墜落させられている飛行機は、日本の青の飛行機です。

何の映画のシーンかは分かりませんが、遺体を運んでいる様子を見られた犯人が襲ってくるシーンもあります。

 

こちらではジョーズの世界を体験することが出来ます。ジョーズが1度人を引きずり込んで海の中へ。そこから自分たちツアー客の目の前に現れます。

それと同時に炎も噴き出るのですが、これが結構暑いです。ナイロン製の服が溶けるんじゃないかった思ってしまったぐらい(笑)

そして、スタジオツアークライマックスは、ワイルドスピードの3D映像。振動や音もリアルで、爽快感マックスの演出です。

以上が大まかなスタジオツアーの見どころです。この他にも見どころがたっっくさんあるので、実際に足を運んで楽しんでみてください。


今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~🛫

カリフォルニアディズニー大攻略!!

だい吉です!

 

留学終盤、せっかくカリフォルニアに来たならということで、アナハイムにあるディズニーランドに行ってきました!

ウォルト・ディズニー、ミッキーとシンデレラ城

もうここに来るのが1つの夢で、日本にいた時からよくYouTubeでカリフォルニアディズニーの動画を見漁っていました。それぐらい楽しみにしていました。

 

このブログですべてを紹介するのは無理なので、印象に残った部分をピックアップして、凝縮した形でお届けします。

 

 

まず、印象に残っているのが、ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン。

このアトラクションは、スターウォーズの操縦機に乗って宇宙を探検するもので、内装や操縦機のボタンまでかなり細かく作りこまれているので、スターウォーズファンは大興奮間違えなし。

 

僕たちは、Genie+を利用して10分程度で乗りましたが、使わなくてもその日は60分くらいで乗れたと思います。

 

アトラクションは、操縦、攻撃、整備の3種類があって、僕は運よく操縦に。パイロットの腕がアトラクション自体に大きく影響するのかは分かりませんが、6人程度の乗員の運命がかかっているとなると少し緊張しました(笑)

 

憧れのミレニアムファルコンを操縦出来て大満足!

ミレニアムファルコンの機内

ただ、スターツアーズなどの映像系のライドがあまり得意ではないため、少し酔った(笑)

苦手な方は注意した方が良いかもです。

 

 

続いては、ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ。

このアトラクションの何がすごかったかと言うと、例えば日本の海底二万マイルなどでは、映像などによって本当に水中に入り込んでいるような錯覚を受けますが、このアトラクションは、本当に水の中に入るんです。

 

最初は、「どうせ実際には水の中にははいらないんでしょ?」とかいう性格の悪いことを思っちゃいましたが、本当に入ってびっくりしました。

水中

ちなみに、このアトラクション現在はカリフォルニアにしかないそうです。

 

アトラクションの内容的には、ん-難しいけど、2回目は乗らなくていいかなっていうぐらい?(笑)

 

特に何があるっていうわけではなくて、ファインディングニモのストーリに沿って進んでいくという感じです。ただ、水の中でのニモたちの世界に癒され、非常に楽しかったです。

 

 

続いては、マッターホルン・ボブスレー。こちらは、ディズニー最古のコースターです。スピードがそこそこ出る上、古いレールのため、その怖さもありました。他にはない独特の恐怖感を感じていました。

 

ただ、絶叫系が大の苦手である友達でさえ楽しくて2回乗れたので、絶叫苦手の方も是非挑戦してみてください。

 

それと、ここのディズニーランドに来るにあたって頭に入れておいてほしいのが、アトラクションが頻繁にシステム調整になってしまうということ。

 

僕はこの1日で5回ほど遭遇しました。

 

時間的には短いものだと5分くらいで再開するものから、1日運転停止のものまであり、基本的にファストパスのようなものはもらえません。なので、止まってしまったら自分の直観で列から抜けるというのがおすすめです。

 

どうしてこのタイミングでこの説明をしたかと言うと、マッターホルン・ボブスレーのアトラクション中に止まったからです(笑)

 

しかも急カーブで一番スピードが出る、このアトラクションの醍醐味のところで(笑)

 

停止してからは、放送でスタッフが来ると言われるもなかなか来ない。

暇すぎて撮った空の写真

15分後スタッフ登場。急ぐ様子もなく、笑って話しながらこっちに向かってきて、「そうだ、ここ日本じゃないんだった」と思い出しました。

結構貴重?なマッターホルンの中

下へ行くと、「待たせてしまってすいません」と言われ、ファストパスを特別に3枚も渡してくれました。

 

ただ、自分たちはホストファミリーの送迎の関係で帰らないと行けなくて結局そのファストパスたちは使うことなく帰ることとなりました。

 

ものすごく楽しかった!けど何か少し後味の悪いような、そんなカリフォルニアディズニーランドの思い出となりました。

 

今回は、ここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~🙌

ロサンゼルス ダウンタウンでの超満喫した休日

だい吉です!

 

今日は、ロサンゼルスのダウンタウンに行った時のことについて話したいと思います。

 

休日に、学校で出会った子と2人でダウンタウンに遊びに行きました。

 

ホームステイ先は都心からは離れた場所だったので、バスを乗り継いで向かうこと2時間。ダウンタウンへと到着!

 

ホストファミリーや学校の先生から、ダウンタウンは気を付けるように言われていたため、初めのうちは少し緊張気味。

 

到着したのは、Union Station。この駅は、ターミナル駅となっていて、ロサンゼルスを観光する上で欠かせない駅となります。

駅を降りて少し探索すると、自分がLAにいることを実感。日本とはスケールが違います。

ダウンタウンで見つけた巨大なアート

まずは、朝食を食べに、グランドセントラルマーケットへ。ここは、大きなフードコートのような場所で、多種多様な料理を楽しむことが出来ます。

グランドセントラルマーケット

ここに来たのにはあるお目当てが。

それが、「Eggslut (エッグスラット)」というお店。LA発のこのお店は、ふわふわのたまごサンドが有名で、地元の人たちも朝食としてここのサンドイッチを食べています。

 

メニューはこんな感じ。

Eggslutのメニュー

僕たちは土曜日の朝9時ぐらいに行ったのですが、列ができていて15分くらい並びました。

ただ、回転が早い上、手際よく作っている工程も見ることが出来るので、意外とあっというまに順番が回ってくると思います。

僕は、「FAIRFAX」という、たまごとチーズがサンドされた一番シンプルなもの。友達は、たまごとサラダがサンドされた「EGG SALAD」を注文しました。

パンがふわっふわで、たまごもふわっふわで、チーズがとろーりとしていて、ものすごくおいしかったです。

 

全然重くなくて、朝からでも軽く1つ食べれちゃうぐらいでした。

 

ちなみに、この建物のシンボル的存在の、ネオンの看板も。

グランドセントラルマーケットのシンボル

そして、予定にはなかったのですが、世界で最も短いケーブルカーが近くにあるということで、向かってみました。

 

グランドセントラルマーケットから徒歩4分くらいのところにある、「(エンジェルス・フライト・レールウェイ)」。

Angels Flight Railway

ここは、行程差34mを繋ぐ世界最短のレールウェイだそうで、一時修復工事の影響で運航がストップしていましたが、現在は以前と同じように稼働しています。

 

 

続いて向かったのは、「The Broad(ブロード美術館)」。

The Broad

ここは、ディズニーコンサートホールの真横に新設されたばかりの出来立ての美術館で、入場料は常設展であれば無料です。ただ、大人気の美術館なので、公式ウェブサイトから事前予約をしてから行くのがおすすめです!

 

個人的に、美術館というものにあまり興味がなく、これまでもほとんど行ったことがなかったのですが、ブロード美術館は見ていて全く飽きませんでした。

いくつか参考にしていたブログでは1時間程度と書かれていましたが、じっくり見たら3.4時間はいれるぐらいです。

 

ただ、ざっと見るだけであれば1時間でも十分に楽しめるので、自身の興味度合いに合わせて行ってみてください!

 

ざっくり印象に残った展示をご紹介します。

本当は、お隣のディズニーコンサートホールにも行きたかったのですが、時間が合わず断念。

 

ここから、最寄りの駅まで向かうのですが、その手段がLimeという電動キックボード。アメリカではこれに乗って移動している人がほんと多くて、自分も乗ってみたいと思ってたから、その願いがようやく叶った!

電動キックボード Lime

事前にアプリをインストールしておいて、クレジットカードを登録。あとは、都心部であれば至る所に電動キックボードが置いてあるので、その番号を読み込んで移動スタート!

 

時速的には2.30キロぐらいの早さなのかな。

けど体感ではだいぶ早い。50キロぐらい出てるように感じた(笑)

 

アメリカ人の生活の一部を体験できたみたいで嬉しかったです。

 

お金は後日、乗った時間と距離を元に差し引かれ計算されます。値段としては、12分乗って9.2ドル。139円換算だと約1300円。

 

若干高いかな?まあ、いい経験だし、乗って良かった。

 

駅についた後は、地下鉄に乗って、大好きなサンタモニカへ。サンタモニカについては前回の記事で書いているので、是非読んでいただけると嬉しいです。

 

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~🛬

大好きな場所『サンタモニカ』での感動と驚き

だい吉です!

 

1か月のロサンゼルス留学中、勉強ばかりだったわけではありません。

休日は、自由に観光地に行くことが出来ました。

 

そこで、今回から何本かの記事は、僕がロサンゼルスで行った観光地を紹介しようと思います!

 

紹介する観光地は以下の通り。

 

1.サンタモニカ

2.ダウンタウン

3. カリフォルニア ディズニーランド

4.ユニバーサルスタジオハリウッド

5.ディズニー・カリフォルニアアドベンチャーパーク

 

現時点ではこの順番で紹介していきたいと思います!

 

 

では早速!

 

第一弾はサンタモニカ!!

 

 

皆さんは、人生で1番行って良かった場所は?と聞かれたらなんと答えますか?

 

僕は、間違いなくサンタモニカと答えると思います。

留学中は、平日は学校がありますが、平日の過ごし方は自由なので、友達とサンタモニカに行こうという話になり、10人ぐらいで行くことになりました。

 

サンタモニカというビーチがあるのは知っていましたが、どのようなビーチなのかは全く知らずに向かいました。

 

今思うと、無知の状態で行ったというのがより大きな感動を生んだとも思うので良かったです。

桟橋の先に広がるビーチと遊園地

お寄りの駅から徒歩15分くらい。サンタモニカの桟橋が見えてきました。そこは、海上の遊園地のよう。

 

パシフィックパーク遊園地はたくさんの人で溢れ活気に満ちている一方で、ビーチにはのんびりと海を眺めたり寝転んでいる人がたくさん。

 

絵のような海岸線が続くサンタモニカにあるこのコントラストこそが、僕が惹かれた魅力の1つでもあります。

 

遊園地には、ジェットコースターや観覧車などがあり、大人から子供まで楽しめます。乗り物に乗るにはお金がかかりますが、入るだけならタダなので、雰囲気を楽しみたいだけの人も十分に楽しめます。

賑わいをみせるパシフィックパーク

僕はジェットコースターに乗りましたが、スリル以上にジェットコースターから見る景色がきれいでとても印象に残ってます。

ちなみにこのジェットコースターは、スタッフの気分と客のノリ次第で2,3周します(笑)

ジェットコースター

そして、訪れた際に欠かせないのが、サンセット。ここで見た夕日が人生で一番きれいだったんじゃないかなっていうぐらい美しい夕日を見ることが出来ます。

美しい夕日を見ながら物思いに耽る

僕は沈む夕日を見ながら、ロサンゼルスにいることを噛みしめていました。

 

ただ!ここに来るまでに地下鉄を使う人も多いと思うのですが、注意が必要!

 

ロサンゼルスの地下鉄はものすごく治安が悪いです。

ホームレスとかたぶん薬やってる人とかがうじゃうじゃいます。

 

臭いし汚いし、結構最悪です。

 

なので、各地にサンタモニカ行きのバスがたくさんあるらしいので、バスも選択肢のひとつに入れとくのも良いんじゃないかなと思います。

 

 

僕は、このサンタモニカに心奪われ、2週間後に再び訪れました。

 

その時は少人数の2人で来たので、お互い行きたかったサードストリートプロムナードというショッピング街やビーチを見てのんびりしていました。

サードストリートプロムナード

サンタモニカはビーチを眺めるだけでも満喫できます。

僕のスマホのホーム画にもなっているお気に入りの一枚

最後に、サンタモニカで最も衝撃を受けて印象に残っていること。

それは、1回目にサンタモニカに行った時のランチです。

 

ロブスターのお店に行ったのですが、なぜ衝撃を受けたかと言うとそのお値段。

 

なんと1人1万円!!!

 

高すぎ~!!!!

 

まあ、ロブスターほぼ初体験の僕たちは、完全にサンタモニカに来て調子乗っちゃってました。考えれば高いって分かるのに。ただでさえ物価も高いのに。

1万円のロブスター

まあそれも良い体験(?)

 

そんなこんなありましたが、サンタモニカでの忘れられない思い出となりました。

 

サンタモニカは、僕の死ぬまでにもう一度行きたいスポットの1つです。

 

今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~🛫

 

留学生活の醍醐味!アメリカの学校生活を大公開!

だい吉です!

 

今日は、アメリカの学校生活についてご紹介します。

 

留学先の学校は、カリフォルニア州にある「シトラスカレッジ」という大学。

ここは、留学生も多く在籍しているインターナショナルな大学です。

シトラスカレッジ

僕は、認定留学という、留学先の授業で一定の成績を修めれば単位がもらえる制度を使って留学をしました。

 

 

まず留学初日は、クラス分けのテスト。全部で10のクラスがあるのですが、このテストでだいたいの能力ごとに割り振られます。

 

ちなみに僕は上から3番目という、なんとも言えない順位のクラスになりました。

たくさんの教室が並んでる

次は、1日の流れについて紹介。

 

〇時に授業開始。僕のホームステイ先からずいぶんと離れたところに位置していたので、〇時に家を出て、毎日2時間弱かけて学校に通っていました。

大学前の交差点

午前中は、〇分の授業が2つあります。授業内容は日によって変わるのですが、話を聞くだけの授業だけではなく、ほとんどすべてがグループワークで手や体を動かすもの。

 

先生も積極的な発言を求めてきます。

その発言方法は、指名制ではなく自発的な発言。

 

イタリアやボリビアなど、たくさんの国から生徒が集まっていたのですが、みんな超積極的な発言をしていました。

僕含めた日本人3人を除いては。

 

日本からの学生は、海外の学生のすごく積極的な姿勢に圧倒されてしまい、最初の数日は全然発言が出来ていませんでした。ただ、慣れるにつれ次第に発言できるようになっていきました。

教室

午前の授業が終わると、1時間のランチタイム。大学にも食堂のようなものは付いていたのですが、値段が高い割にはあまり美味しくない....

 

ということで、初めのうちは週5回毎日お昼は外食をしていました。

ある日のお昼ご飯

後半になりようやく財布がパンクするということに気づき、自作の弁当を持っていくようになりましたが。

 

なにせ、1食普通に2000円超えてくる。高すぎでしょー。

 

アメリカの食生活については他でまとめたいと思ってます。

 

午後は、またレベル別に分かれて〇時まで授業。〇時に授業を終え、そこから2時間くらいかけて家に帰ります。

 

寄り道したいところですが、道のりが長いのを気遣ってホストマザーが途中に迎えに来てくれていて、時間を変更するのも申し訳なかったのでほとんど寄り道はしませんでした。

ほんとにどこか寄りたい場合は事前に許可を取って寄り道していました。

学校の敷地内の風景

ロサンゼルスの国道はものすごく渋滞しているため、帰り道は毎日渋滞に巻き込まれていましたが、ホストマザーと色々な話が出来て楽しかった思い出です。

 

そして、夜6時半くらいに帰宅。手作りの夕食4割、買ってきた料理6割くらいの割合で夕食を出してもらっていました。

 

ホストマザーの料理が合わないという人の声もよく聞きますが、料理上手なホストマザーだったので本当に良かったです。

ホストマザーが作ってくれたラザニア

食べ終わったら、軽く授業の予習・復習をして夜1時くらいに就寝。

 

平日はこんな感じの生活が週5回続きます。

 

休日は自由に行動できるため、毎週末ビーチやショッピングモールなどの観光地に行ったりしていました。

 

以上が一日の流れです。

 

当時は早起きだし内容もそこそこ難しいし、結構ハードな生活でが、今思うと充実した体験できたなーと思ってます。

 

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~

世界一美味しいハンバーガーショップ、''In-N-Out''

だい吉です!

 

今日は、留学体験記一発目!ということで、お気に入りのハンバーガーショップの話をしようと思います!(なんで笑)

 

僕がロサンゼルス滞在中に一番おいしいと思ったハンバーガーショップは、’’In-N-Out’’です!

 

ここのハンバーガーは革命。

 ロサンゼルスに来て初めての食事がここのハンバーガーだったのですが、最初にしてこのハンバーガーを超すものはないくらい衝撃的なものに出会いました。

ハンバーガー大国アメリカの強さを体感。

ここで注文

IN-N-OUTは、カリフォルニア州を中心に310店舗ほど展開しているハンバーガーチェーン店です。

 

留学中に現地の人とたくさん話をしましたが、マクドナルドよりもIn-N-Out派という方がほとんどでした。

ホストファミリーもIn-N-Outが大好きで、週2回くらいは連れてってくれました。

 

ちなみに、あの大谷翔平もここのハンバーガーは大好きらしいですよ。

 

メニューはこんな感じです。

メニュー

すごくシンプルで、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルチーズバーガーの3種類が基本メニューです。

 

また、アメリカのハンバーガーチェーン店はだいたいどこもそうですが、ドリンクはおかわり自由です。

日本でLLサイズくらいあるカップを渡されて、自分で好きなドリンクを自由に入れて飲むことが出来ます。

LA初日のランチ

続いては、この店を十分に満喫する上で欠かせないのが、裏メニューの存在!

In-N-Outには裏メニューが多数存在しており、自分好みのハンバーガーにカスタマイズすることが出来ます。

 

 

そんな裏メニューの中で圧倒的におすすめ出来るのが、アニマルスタイルです。

このアニマルスタイルとは、ピクルスと玉ねぎにオリジナルのソースが合わさったもので、このソースがハンバーガーにプラスされています。

 

まーじで美味いんだこれが。

 

ちなみに、このアニマルスタイルはポテトにも適用することが出来ます。個人的にはポテトだとちょっと重いかな―っていう印象。

 

とか言いながら何回もハンバーガーとポテトのダブルアニマルスタイルにしてました(笑)

どっちもアニマルスタイル

このハンバーガーは、留学中の思い出の味の1つです。

 

個人的には、これを食べてから日本のマクドナルドのハンバーガーを食べるとなんか物足りないなって思っちゃいました。

それぐらい革命的に美味しかったです。

 

ただ、日本にはまだ展開されてないんですよねー。

 

まじで!頼むから出店してほしい!

そう望むばかりです。

 

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~

充実しすぎた1か月のロサンゼルス留学記

だい吉です!

 

今日からは、約1か月の留学体験記をお伝えしようと思います。



 

期間は、今年の2~3月の約1か月。

場所は、アメリカのカリフォルニア州 ロサンゼルス。

 

そして、この留学での目標:

 

  1. スピーキング力の向上
  2. ホームステイで現地の生活、文化を体感する
  3. ロサンゼルスという地を楽しみつくす
  4. 海外の友達を作って一緒に遊びに行く
  5. TOEICの点数を100点アップ

 

ちなみに、今の自分の英語力はと言うと、英検2級、TOEIC580点。

平均的な大学生のレベルだと思います。

 

 

この記事を書くにあたり、留学の時に撮った写真を見返していたのですが、3つめの、ロスを満喫するという目標は特に達成できたんじゃないかなと感じています。

 

 

その様子を約一週間かけて皆さんにお届けしていく予定です!

 

本当に充実した生活をお見せできるんじゃないかなと思っているので、是非読んでくださるとうれしいです!

LAで一番のお気に入りの場所、サンタモニカ

今回はここまで!

 

では、また~🛫

大学生バックパッカーの世界一周準備編 [第一弾]

だい吉です!

 

 

実は僕、3か月後に日本を出発して世界一周に挑戦してきます👍

 

楽しみ~!!

 

 

ただ!!なんも準備進んでない!(笑)。

色々な世界一周経験者の体験談を読んでいるうちにだんだんと焦りを感じ始めました。

 

ということで、最近ようやく世界一周に向けての準備をようやくスタート!

 

 

今日は世界一周準備編の第一弾ということで、最近取り掛かったことについて書いていこうと思います。

 

 

まずは、ルートについて。

 

とりあえず初めに、行きたい国・やりたいことを紙に思い浮かぶままに書いていきました。「この絶景は絶対に見たい!」とか、「この国の食べ物食べてみたい」など。

 

行きたい場所などは、これまでにずーっと蓄積されてきたので、どんどん訪れたい場所が出てきました。

 

ただ、

 

なぜだか分からないけど、ほんとにこれでいいのかな?と思ってきてしまいました。

 

1年休学して旅に出るっていうことに少し罪悪感があるというか、まだ実は親から許可をらっていないから学費を払ってもらっている以上、許可をもらう必要があるし、休学後の就活で不利にならないのかとか、色々な感情がぶつかって。

 

 

そこで、まずは、情報収集をとにかく徹底して行うことにしました!

たくさんの人の経験を踏まえた上で、絶対に世界一周成功させるぞ!って。

 

そこで、今やっている情報収集で、具体的に何をしているか紹介します。

 

 

手段としては、

 

①インスタ

②旅好きのコミュニティーに参加

③本

④大学のキャリアセンター

 

主に以上の4つを使って情報収集を行っています。

 

 

まずは、インスタについて。

 

今の時代はやっぱりSNS。ということで、インスタで世界一周アカウントを作成して、世界一周においての先輩たちにとにかくDMを送りまくりました。

同年代くらいの方から自分よりも何回りも年上の方、インフルエンサーなど。

 

すると、なんと半分くらいの方がDMを返信してくださったんです。本当に嬉しすぎた。世界一周経験者のお言葉はやっぱり違って胸に響くものがあった。

 

 

2つ目は旅好きのコミュニティーに参加。

 

世界一周すると決めたらすぐに、旅好きが集まっているコミュニティーに飛び込んだんですね。なかなか勇気は必要だったけど、あそこで参加するって決めていて心から良かったって思いました。

 

やっぱり色々経験している人って話が面白いし、こっちも勇気をもらえる。良い人が本当にたくさんいるので、集まりがある日はだいたい参加してアドバイスをもらってます。

 

 

3つ目は、本。

本なんてほとんど読んでこなかったこれまでの人生。ただ、本の魅力にいまさらながら気づいてしまいました。

本には、その人の思いとか体験談、人生がその1冊にギュッと凝縮されているわけですから、ものすごく勉強になるというか、タイパが良い(笑)。

 

4つ目は、キャリアセンター。

キャリアセンターとは、大学にある、就活に関する相談を何でも受けてくれる場所。本当に皆さん優しく的確なアドバイスをしてくださり、就活で何か分からないことがあれば、1人1人に寄り添ったアドバイスをしてくれます。

 

まずは、以上の4つを利用して情報収集をしました。

 

 

そして、今何をやるべきか出た答えが、

 

 

「世界一周への思いを書き出す」こと

 

 

世界一周を通して自分を変えたいとか、そんな大きいことは思ったりしてないけど、この旅を通して自分とはどういう人間なのか、真剣に向き合える時間にしたい。

 

そう思って、今自分が考えていることをとにかく書き出してみました。

 

 

「なぜ世界一周をしようと思ったのか」

「世界一周達成後、どのような姿になっていたいか。」

「世界一周中に何を成し遂げたいか。」

など。

 

B4の白紙に考えていることを掘り下げて、掘り下げて、掘り下げて。

真剣に自分と向き合ってみました。

 

すると、自分がまだ気づいてなかった思いが言語化されて、

「自分こんなこと思ってたのか。」

という新たな発見もたくさんありました。

 

この方法時々使っているのですが、自分の思いが整理できるため、世界一周に限らず何か迷ってしまったときに是非使ってみて下さい。すごくおすすめです。

 

ちなみに今のところ20枚書いてます(笑)。そしてもっと増えそうです。

 

今は、この頭で考えていることを言語化、可視化することを主にやっていますが、これが終わったらいよいよルート作成に移っていきたいと思っています。

ルート作成の段階に移ったらまた報告させていただきます。

 

今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 

では、また~🛫

大学生バックパッカー、最高級ホテルに泊まる(後編)

だい吉です!

 

今日は、前回の途中まで話した5つ星ホテルに泊まった話の続きをしようと思います。

 

 

16時くらいにホテルのチェックインを済ませ、少し部屋でゆっくりしてからラウンジに向かいました。

 

予約時の値段にラウンジ利用が含まれていたので、なんとラウンジを利用できることに!

貧乏旅をしている大学生にとって、5つ星ホテルのラウンジなんて初めて。興奮が止まりません。

 

ラウンジがある階へ向かうと、めちゃめちゃ良い雰囲気の空間が広がっていました。

無料で利用できるラウンジ 

しかも!なんとアルコールも提供しているということで、夕方から贅沢にお酒!!

 

ものすごくお上品。

しかもなんと自由に好きなものを取ってこれる!


さらに!スタッフの対応がものすごくよくて、飲み物が無くなったら

「いかかですか?」ってすぐ聞きに来てくれるんです。

 

そのせいもあって、調子に乗ってしまった僕は、夕方から3杯も飲んじゃいました。

 

 

周りには、3回り4回りくらい年上の方々がくつろいでおり、

 

「絶対こんな大学生画泊まる場所じゃないよね」って友達と話して笑ってました。

 

まあそれはともかく、ものすごく良い体験が出来て大満足なラウンジでした!

ラウンジから見た屋外の景色

ちなみに翌朝もラウンジを利用。

めちゃめちゃ優雅な朝

軽食を楽しんだ後は、近くのマーケットに行ってかるーくご飯を食べて、いよいよお待ちかねの屋外ルーフトップバー!

 

のはずでしたが、、、

 

 

雨で屋外のバーが利用できなくて、代わりに屋内となってしまいました。

 

残念、、。

 

まあそれは、仕方ない。

切り替えて、屋内で最高に綺麗な夜景を見ながらお酒を楽しむことに。

屋内のルーフトップバー

屋内のバーもものすごくおしゃれなんです。

そして、バーから見たバンコクの夜景。

綺麗すぎる!

バンコクの夜景を一望できて、屋外なんて忘れるくらいに大満足。

 

そして、これが僕たちが飲んだお酒です。

 

豪華でしょ?

 

ただこれ、、。

 

 

1杯約6000円(笑)。

 

たかーーーーーーーー!!!!!

 

こんなに高いお酒、今後飲む機会あるんでしょうかね。とりあえず値段にびっくり。

ただ、これでも一番低価格のレベルだったんです。

 

お酒が解禁されたばかりで、味もそんなに分からない僕たちにとってはもったいないくらい。

 

ただ、ものすごく飲みやすいということだけははっきりと分かった(笑)。

 

 

けど、2杯飲んじゃうと財布が本当にパンクしてしまう。

ということで、一杯のお酒をちょびちょび飲んだ、ケチケチ大学生のバーでの体験でした。

 

 

その後は、部屋に戻って一休憩。

 

 

する間もなく、

 

 

部屋から見える夜景に大興奮!

部屋から見渡せるバンコクの夜景

これが部屋から見えるなんて、もう人生の勝ち組になった気分。

 

友達は先に寝てしまいましたが、ガチで2時間ぐらい1人でぼーっと眺めてました。

 

 

ちなみに予約時に、シティービューとリバービューが選べるのですが、こちらのお部屋はリバービュー。

シティービューも絶対きれいですよね。

 

次来た時も絶対にこのホテルに泊まろうと決意しました。

 

そしてこのホテルの気になるお値段は、、、

 

なんと、、、

 

 

1万円!!!!!!

 

 

安すぎ―――!!

 

早めに予約したっていうのと比較的閑散期に行ったというのもあって、こんなにも安く宿泊することができました!

 

食事から見える景色、スタッフの方のサービスまですべてに満足。

 

無事チェックアウトを終え、スワンナプーム国際空港に向かい、最高の気分で日本へと

飛び立っていきました🛫

 

 

以上が僕の一週間のタイ滞在記。

 

少しは楽しんで頂けたでしょうか?

 

 

 

少しでも面白かったよー!って思っていただいた方!

 

是非スターつけていただけると嬉しいです!

 

読者登録なんてしていただけたらめちゃめちゃ喜びます!

 

これからもっともっと面白い記事を書いていこうと思っているので、是非これからもよろしくお願いします👍

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

では、また~🙌

大学生バックパッカー、最高級ホテルに泊まる(前編)

だい吉です!

 

今日は、最終日にバンコクの5つ星ホテルに泊まった時のお話です。

 

宿泊したのは、タワークラブアットルブア。このホテルは、世界一の高さを誇るルーフトップバーがあり、映画「ハングオーバー」のロケ地にもなりました。

 

 

まず、どうして貧乏大学生バックパッカーがこんな身の丈に合わないホテルに宿泊しようと思ったのかというと、

 

①タイ最終日を優雅にのんびりと過ごしたい

②ルーフトップバーでお酒を飲みたい

 

だいぶしょうもないですが、これらの理由からこのホテルに泊まろうということになりました。

 

ホテル宿泊日当日。いつもであればギリギリまで外で遊んでからホテルにチェックインするのですが、この日はホテルを存分に満喫したいということで、17時くらいにはホテルに到着するように予定を組みました。

 

ちなみにこの建物は2つのホテルがあり、低層階はルブアアットステートタワー、高層階はタワークラブアットルブア。今回はこの高層階に泊まります。

予約する時はお間違えのないように!

 

 

そして到着。なんとドアマンがいる。自分達とは無縁なはずのドアマンがいて、既にテンションが上がる。

そして、お待ちかねのチェックイン。

 

しかし、ここで、貧乏大学生ならではの事件が、、。

 

デポジットが必要らしい。しかも、5000バーツ、日本円で約17500円、、。

 

 

そんな持ってるわけないでしょ!!当たり前のように言われたけど、貧乏旅途中の大学生にとっては結構な大金。

 

2人とも払えなかったので、「すみません、デポジット払えないです、、。」と。

ものすごく恥ずかしかったです。

 

なんとかデポジット払わないで入れていただけました。本当に一安心。

 

 

そんなこんなあったけど、次は楽しみにしていたお部屋へ。

 

 

もうさいっっこう!!!

言い忘れてましたが、タワークラブアットルブアは、全部屋スイートルームなんです!!

 

この感動を写真と共にご紹介します!(画像粗いですすみません<(_ _)>)

 

まず部屋に入ると、

メインルームに続く長い廊下。

部屋に入ってすぐ左にはソファースペースがありました。

広い洗面台とシャワールーム

こちらがメインのベッドルームで、

 

ベランダへ出ると、、

バンコク市内を一望できる絶景が!

 

僕にとっての人生初のスイートルームがこちらのお部屋でした。

タイ最終日にこんなに豪華なホテルに泊まれて大満足。

 

 

今日は、ホテルのチェックインとお部屋の様子をご紹介しました!

このあとも衝撃的な出来事がたくさん起きていきます。その様子は次回書きたいと思いいまーす。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また~😁